音によるフィードバック実験に最適です

TDT

TDT System3 音響心理学システム





音響心理基本システムは、音を使用した心理学実験用の基本システムです。刺激音作成にはRPvdsExソフトウェアを使用します。WAVファイルも使用可能です。フィードバック記録には4ボタン式のレスポンスボックスを使用します。

以下の3種類の実験が行えます。

  • Bekesy-Type Tracking
  • Modified Method of Limits
  • Multiple Interval-Forced Choice

システムの構成
型式 品名 個数
RP2.1 リアルタイムプロセッサ 1
PsychRP 音響心理学ソフトウェア 1
RBOX レスポンスボックス 1
DriversX TDTドライバ&ActiveXコントロール 1
HB7 ヘッドホンバッファー 1
ZB1PS パワーサプライ付ZBUSモジュール用ラック 1
FO5 ZBUSギガビットインターフェース(w/optics) 1
PO5e ギガビットPCIカード(w/optics) 1
フットスイッチや各種センサーなどはご要望に応じて作成致します。