LabRatはオールインワンのエントリーレベルの神経生理学システムです

TDT

TDT LabRatシステム




LabRatはオールインワンのエントリーレベルの神経生理学システムです。USBでPCと接続し、PC上ではCorpus(DSPエミュレータ)がSynapse Liteと連携して動作します。リアルタイム性では通常のSystem3ベースのTDTプロセッサには及びませんが、比較的シンプルな実験系では必要十分なパフォーマンスを発揮します。
TDTで最もコストパフォーマンスに優れた製品です。


LabRatシステム 構成

型式 品名
LR10 LabRatインタフェース 1
SB4 4ch表面電極用アダプタ 1
AC16LR 16ch高インピーダンスヘッドステージ 1
SynapseLTE  Synapse Lite ソフトウェア 1

LabRatは廉価版でありながらヘッドステージ、ソフトウェアを含ん
でおり、ベーシックな神経生理学実験をすぐに開始できます。


主な仕様:
  • 16chの神経生理学記録
  • デジタルヘッドステージ1ポート
  • 16bitのデジタルI/O
  • 2chの汎用A/Dチャンネル
  • 2chの汎用D/Aチャンネル
  • モニタースピーカー
  • USB 3.0接続
  • Synapse Lite ソフトウェア


Synapse Liteは通常版のSynapseと比較し若干の制限がありますが、オンラインスパイクソーティングやフィルタリング、ストリームデータ記録などの機能は通常版と同等です。
記録したデータのレビュー機能が無いため、OpenScopeソフトウェアを追加するかMatlabで直接データを読み込む必要があります(Matlab用ツールは無償です)。また、Windows PC上で仮想DSPをエミュレートして動作しているためリアルタイム性にで通常版に及ばす、クローズドループ処理には50ms程度の遅延が発生します。