TDTのWSシリーズワークステーションは神経生理学アプリケーションの実験制御・記録・解析用にデザインされ、19インチラックにマウントできます

TDT

TDT コンピュータ



WS ワークステーション


WS8

WSはプロセッサ、メモリ、ビデオカードの仕様の異なる2つのモデルがあります。
WS8はハイスペックな仕様の上位モデルで神経生理学データのマルチチャンネル記録アプリケーションの多くに対応します。IntelのCore i7プロセッサ搭載で最大3.4GHzで高速にデータ処理を行います。フロントパネルにリムーバブルSSDを備え、高速に起動し、高速にデータを保存します。最新のGeForceビデオカード4GB RAM搭載でスムーズにデータ表示を行い、2ギガビットイーサネットポートでフレキシブルなネットワーク構築ができます。TDT社内でカード・ドライバ・ソフトウェアをインストールしすべてテスト済みの状態で出荷します。
WS4はBioSigRZソフトウェアを使ったABR、DPOAEなどのデータ処理の負荷が比較的小さいアプリケーションをターゲットとしています。こちらも2ギガビットイーサネットポート搭載でラボ内でのデータ共有などネットワーク構築を行えます。

仕様
CPU WS-4: 3.4 GHz Intel Core i5 (4Cores)
WS-8: 3.4 GHz Intel Core i7 (8Cores)
メモリ WS-4: 4GB DDR3 SDRAM
WS-8: 8GB DDR3 SDRAM
ビデオカード WS-4: GeForce GT 730 2GB GDDR3 RAM
WS-8: GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5 RAM
OSハードドライブ 240GB SSD
データ保存 1TB SSDリムーバブルハードドライブ
ネットワーク 2ギガビットイーサネットポート
TDTインタフェース P05カード
オープンスロット PCIe x4 ハーフレングス
OS 64-bit Windows 7 Professional or Windows 10
ソフトウェア TDT Drivers、Synapseなど注文したソフトウェア

型式 品名
WS4 実験制御用ワークステーション
WS8 実験制御用 ワークステーション