RZ2からストリームされた広帯域生データを保存するためにデザインされた高性能ストレージアレーです

TDT

TDT 周辺機器



RS4 ‒ データストリーマー



RS4データストリーマーはRZ2からストリームされた広帯域生データを保存するためにデザインされた高性能ストレージアレーです。RZ2から生データ保存の負荷をRS4に移すことで、RZ2はリアルタイム処理に多くのリソースを割り当てることができ、また多チャンネルのデータを数日、数週間に渡り記録できるようになります。RS4はオンボードのタッチスクリーンから操作できます。ストレージアレーへのアクセスはネットワーク接続、PCとの直接接続により可能で、さらにUSBストレージデバイスへデータを移すことも可能です。
RS4は最大1024チャンネルの16ビットデータを~25kHzで記録し、また少ないチャンネル数ならば~50kHzで記録できます。ストリームデータは独立したチャンネルごとに保存され、保存形式を選択できます(Short、Floatなど)。後解析のために、保存したデータは簡単にSynapseデータタンク形式にすることができます。RS4は高速で信頼性の高いSSDを使用しており、4または8テラバイトの容量、および1つおよび4つのストリーミングポートのモデルがあります。RS4とRZ2の接続には、RZ2にRZDSP-SボードまたはQZDSP-OPTボードがインストールされている必要があります。

RS4システムダイアグラム

仕様
コア数 4
ストレージサイズ 4テラバイト or 8テラバイト 
ストリーミングポートの数 1 or 4 
ポートスピード 12.5 MB/s (ポート毎) 

型式 品名
RS4-1 4テラバイト (RZDSP-S x1 or QZDSP-OPT必要)
RS4-4 8テラバイト (RZDSP-S x4 or QZDSP-OPT必要)
RZDSP-S RS4対応拡張DSP

RV2 ‒ ビデオプロセッサ



型式 品名
RV2 ビデオプロセッサ
VGAC カラービデオカメラ

このシステムはマシンビジョンカラーカメラと専用のビデオプロセッサ/ストレージデバイスで構成されます。

ビデオはギガビット通信カメラからRV2プロセッサに送信されリアルタイムで処理・保存されます。カメラフレームは正確にプロセッサにより同期され、ビデオデータと他の記録信号のフレームごとの相関を保持したまま保存・レビューできます。

Zif-Clipヘッドステージに取り付けた赤/緑のLEDを認識して確実に動物のトラッキングを行います。位置情報はリアルタイムでRZデバイスに送信され保存されます。ビデオデータはRV2内に保存できます。

RV2はTDTシステムと同時に使うことを推奨しますが、数々のインタフェース方法により単体で使うこともできます。


FB128 ニューラルシミュレータ


FB128 ニューラルシミュレータ

FB128ニューラルシミュレータは記録設定をデザインする段階で、もしくはシステムのデバッグ用に便利なシグナルジェネレータです。
バッテリー駆動のコンパクトなシミュレータで、神経活動データおよびサイン波を出力し直接Zif-Clipヘッドステージを接続できます。神経活動データはLFP成分とスパイク成分からなります。
モードに応じて8種類のスパイク波形が出力されます。
最大128chに対応しています。


型式 品名
FB128 ニューラルシミュレータ