RZ2は2、4、8機の超高速デジタルシグナルプロセッサ(DSP)を搭載可能です

TDT

TDT RZ2 ハイパフォーマンスプロセッサ



RZ2

RZ2は2、4、8機の超高速デジタルシグナルプロセッサ(DSP)を搭載可能です。最新のバスアーキテクチャで相互のDSP間の通信およびメモリアクセスを高速に実行します。他のRZシリーズプロセッサと同様に、RZ2はQZDSPクアッドコアDSPをサポートしており、チャンネル数の拡張および処理容量の拡大が可能です。

PZ5で記録されたスパイク信号と脳波の両方を含んだ広バンド幅の信号が光ファイバー通信でRZ2に転送され、スパイクソーティングやフィルタなどのリアルタイム処理を経て、RZ2からPCへデータが転送され、画面へ描画およびハードディスクへ保存されます。

RZ2は8chのアナログ入力、8chのアナログ出力、24bitのデジタルIO、2ポートのMedusaプリアンプ(P33)接続用ポート(レガシーポート)が備わっており、オンボードLCDにシステムのステータスが表示されます。256ch以上の記録を行いたい場合、複数台のRZ2を数珠繋ぎにするこですべて1台のPC、1つのSynapseソフトウェア画面で同期して制御できます。

最新のクアッドコアDSP、QZDSPは処理性能を飛躍的に向上させます。RS4、RV2、PZ5、IZ2などのオプション装置を制御するための光ファイバーポートを装備して出荷できます。


  • RZ2-2 2DSP構成
  • RZ2-4 4DSP構成
  • RZ2-8 8DSP構成
  • RZDSP 拡張DSP
  • QZDSP 拡張クアッドコアDSP

技術仕様
DSP 最大8DSP、または最大8QZDSP(混在可能)
スタンダードDSP 400MHz DSP, 2.4GFLOPS, 64MB RAM
QZDSP 1600MHz QuadCore, 10 GFLOPS, 256MB RAM
UDPポート 2nd PCへのイーサネット経由でのデータ転送用
最大サンプリングレート ~50 kHz 
D/A 8ch, 16-bit PCM
A/D 8ch, 16-bit PCM
デジタル I/O 24bit 
光ファイバーポート 256ch入力 x 1 
レガシーポート 16ch入力 x 2(最大サンプリングレート:~25 kHz)
寸法 19 x 5.25 x 12 インチ (483 x 133 x 305 mm)
PZ5-32, 64, 128, 256, 512

それぞれ32~512ch記録に対応する高性能アイソレーテッドマルチチャンネル生体アンプです。


RS4
RS4

ストリームデータ記録専用のデバイスです。最大8TB、最大1024chのデータを保存できます。


IZ2-32, 64, 128, IZ2MH

最大3mAを128chに出力可能な、RZプロセッサ専用のスティムレータです。スパイクトリガードクローズドループに最適です。


RV2
RV2

マシンビジョンカラーカメラと専用のビデオプロセッサで、動物のトラッキングおよび動画記録を行います。


WS8
WS8

TDTプロセッサの制御用に最適化された高性能PCワークステーションです。
中程度の処理性能でコストパフォーマンスの高いモデルWS4もあります。


TDTのQZDSPクアッドコアカードはSharcの最高速DSPを4つ、高密度FPGAとともに集積し、マルチコアアーキテクチャを構成させたイノベーティブな製品です。従来のTDT社のDSPの4倍の処理性能を持ちます。QZDSPはSynapseソフトウェアにより簡単に設定できますし、TDTのRPvdsExビジュアルプログラミングにより直接細かい設定を行うこともできます。

QZDSPの処理能力はどのくらいすごいのか?


  • Intel Core i7 プロセッサ: 
    • ~25 GFlops /コア x 4コア = ~100 GFlops
  • TDT RZ2 プロセッサ: 
    • ~100 GFlops /RZQDSP x 8  = ~800 GFlops