波形ジェネレータとスティムレータ間は光学的アイソレーションにアイソレーションされ、パワーサージとノイズを最小限に 抑え、優れた安全性とパフォーマンスを発揮します

TDT

TDT スティムレータ



IZ2 ‒ マイクロスティムレーション


IZ2

仕様
チャンネル数 32 (IZ2-32), 64 (IZ2-64) or 128 (IZ2-128)
サンプリングレート 最大 ~ 50 kHz (RZ2, RZ5D), ~ 200 kHz (RZ6) 
刺激出力電圧 +/- 12 V
刺激出力電流 +/- 300 µA  最大50 kΩ負荷まで
DCオフセット電流 100nA以下
バッテリーパック LZ48M-250: 32ch継続刺激時 15時間  
LZ48M-500: 32ch継続刺激時 30時間

IZ2スティムレータはRZデバイス専用で、マルチ電極からユーザーが定義した刺激を出力するプログラマブルマイクロスティムレータ―です。IZ2はデジタル信号をアナログ刺激波形に変換し、電流または電圧で出力します。

波形ジェネレータとスティムレータ間は光学的アイソレーションにアイソレーションされ、パワーサージとノイズを最小限に抑え、優れた安全性とパフォーマンスを発揮します。オンボードのPCM D/A変換器によりサンプルディレーはわずか4-5ポイントほどで、刺激波形のスクエアエッジをしっかりと再現します。加えてA/D変換器も内蔵しており、実際の刺激出力を測定してRZ2にフィードバックしてモニターできます。
IZ2は32、64、128chのモデルがあり、全チャンネル最大300µAを同時に出力できます(インピーダンスは最大50kΩまで)。スティムレータへの給電はLZ48M-250またはLZ48M-500バッテリーパックによりなされます。
IZ2を動かすにはRZデバイス内にRZDSP-IおよびQZDSP-OPTのどちらかのDSPボードが必要となります。


型式 品名
IZ2-32  マイクロスティムレーション 32 チャンネル
IZ2-64  マイクロスティムレーション 64 チャンネル
IZ2-128  マイクロスティムレーション 128 チャンネル
LZ48M-250  バッテリーパック
LZ48M-500  バッテリーパック

IZ2H ‒ マクロスティムレーション


IZ2H マクロスティムレーション

IZ2HはIZ2の高電流出力バージョンで、出力は16chです。
IZ2と同じ低ノイズレベルでありながらチャンネルごとに最大3mA出力できます。


型式 品名
IZ2H-16 マクロスティムレーション 16チャンネル
LZ48M-250 バッテリーパック
LZ48M-500 バッテリーパック

IZ2M ‒ 医療グレードアイソレーション



電源と電極の間に医療グレードのアイソレーションが施されており、高い安全性が確保されています。RZシリーズリアルタイムプロセッサと使用しms以下の精度でのクローズドループ刺激が可能です。各チャンネル独立して刺激波形を設定できます。RZとIZ2Mの間は光学的にアイソレーションされており、測定対象をパワーサージから完全に絶縁します。最大64チャンネルで、IZ2Mはモノフェージックパルス、バイフェージックパルスはもちろん、任意の波形を出力することができます。神経活動や対象の行動に応じて刺激波形をリアルタイムで修正したり、新規で発生させることができます。高品質なシグナルコンバータにより80dBのダイナミックレンジで300nA~3mAまで出力できます。

仕様
チャンネル数 32 or 64 チャンネル
サンプリングレート 最大 48.828125 kHz 
刺激出力電圧 +/- 12 V
刺激出力電流 IZ2M: +/- 300 µA 最大40kΩ負荷まで
IZ2MH: +/- 3 mA u最大4kΩ負荷まで
DCオフセット電流 < 100 nA アクティブch、 < 3 nA オープンch
バッテリーパック オンボード 240 Wh バッテリー
フル充電20時間
出力コネクタ DB26

型式 品名
IZ2M-32 医療グレードアイソレーション 32 チャンネル
IZ2MH-32 医療グレードアイソレーション 32 チャンネル、高電流
IZ2M-64 医療グレードアイソレーション 64 チャンネル
IZ2MH-64 医療グレードアイソレーション 64 チャンネル、高電流