TDTのリアルタイムプロセッサのパワーを存分に体感できる、32チャンネル記録用のスタンダードな構成例です

TDT

TDT 32チャンネル神経生理学システム



TDTのリアルタイムプロセッサのパワーを存分に体感できる、32チャンネル記録用のスタンダードな構成例です。
スパイク記録、LFP記録、およびスパイクとLFP両方のバンドをカバーするワイドバンド記録など、自在ににフィルタ設定を変えて記録できます。 PZ5アンプの32chとは別に、RZ5D本体には4chのアナログ入力、4chのアナログ出力、24chのデジタルIOを備えています。DSPを3機搭載しており、リアルタイムなスパイクトリガード刺激や複雑なサルのタスク制御などを余裕をもって実行させることができます。